薄毛対策のための、朝食のコツ

薄毛対策のためには、朝食を工夫することも大切。

 

「朝は忙しいので、朝食のメニューなんていちいち考えていられない」
と思われるかもしれませんが、大丈夫!

 

ちょっと工夫すれば、薄毛対策に嬉しい成分たっぷりの朝食ができますよ。

 

薄毛対策のためのおすすめ朝食メニューはこれだ!

薄毛対策のために、おすすめしたい朝食のメニューは、ズバリ

 

全粒粉パン
卵(目玉焼きでもゆで卵でも卵焼きでも何でもOK)
豆乳入りのスムージー

 

の3点セットです。

 

普通の食パンを全粒粉パンに、コーヒーをスムージーに替えるだけでOKですよ!
さて、なぜこのメニューがおすすめなのかというと・・・

 

まず、全粒粉パンの全粒には、亜鉛や鉄分・ビタミンB群など、
髪を作るために役立つ成分が豊富に含まれています。

 

卵はたんぱく質が摂れるだけでなく、
ビタミン・ミネラル・アミノ酸のバランスもいい完全栄養食。

 

豆乳も、卵だけでは足りないたんぱく質をおぎなうのにいいですし、
豆乳は、髪の成長期を伸ばす作用を持つ女性ホルモン
エストロゲンに似た働きをする大豆イソフラボンが含まれています。

 

この豆乳を使って、野菜のビタミンたっぷりのスムージーを作れば、
かなりバランスのいい朝食になる、というわけですね。

 

「スムージーを作るのが面倒」という意見もあるでしょうが、
最近は粉末タイプの「溶かせばすぐ作れる、
手軽なスムージー」もあるので、それを選べば問題なしです。

 

これにサラダがついていればさらにいいのですが、その場合はレタスやきゅうりではなく、
ベビーリーフなどの緑の濃い葉物野菜やプチトマトをたっぷり入れましょう。

 

どうしても時間がない場合は、
せめてりんごやバナナなどのすぐ食べられるフルーツだけでも食べていきましょう。

 

和食タイプの朝食はどうすればいい?

では、和食タイプの朝食はどうすればいいのかというと・・・
以下のような組み合わせがおすすめです。

 

分つき米または胚芽米
(白米よりはるかにビタミンやミネラルが豊富、雑穀を入れればなおよい)
味付け海苔または海苔のつくだ煮(海藻の豊富なミネラルが摂れる)
納豆または冷奴(たんぱく質および大豆イソフラボンが摂れる)
みそ汁(野菜の具をたくさん入れる)

 

ただし、和食はどうしても塩分が多めになり、生野菜の摂取が少なくなりますので、
ご飯のお供的なものはできるだけやめて、

 

緑の野菜中心のサラダに乾燥ワカメなどを水で戻したもの
(サラダ用として売られている)をたっぷりのせるようにするとよいでしょう。

トップへ戻る