「おやつにナッツ」が薄毛に効く?

間食の食べすぎは健康に悪い、ということは分かっていても、
「おやつの楽しみ」を完全に無くすことは、それはそれでストレスとなり、
薄毛対策の観点から考えても良いことではありません。

 

ちょっとしたおやつで、「食べた」という満足感が比較的高く、
さらに「栄養成分そのものが薄毛に役立つ」というもの
としておすすめなのが、ナッツ類です!

 

なぜ、ナッツがいいのか?

薄毛対策に、なぜナッツ類がおすすめなのかというと、
以下のような理由が挙げられます。

 

〇歯ごたえがあり、しっかり噛んで食べれば、
少量でも比較的、食べたという満足感が得やすい。

 

〇ビタミン・ミネラルだけでなくアミノ酸も豊富で、
栄養価のバランスがかなりすぐれている。
特に、カシューナッツとアーモンドは、
薄毛対策に役立つミネラルである亜鉛とマグネシウムが豊富なのでおすすめ。

 

〇「血液サラサラのための脂肪酸」であるオメガ3系脂肪酸の、
α-リノレン酸を豊富に含むので、血行促進作用も期待できる。

 

〇抗酸化作用が高く、活性酸素による害をブロックしてくれる。

 

「おやつ」でありながら、
ここまで薄毛対策に役立つ要素を持つ存在は、他にはなかなか見当たりませんよ。

 

もちろん、おやつとしてだけではなく、
サラダのトッピングやあえ物の材料にするなど積極的に食べていきましょう。

 

 

ナッツを食べる時の注意点

というわけで、「おやつにナッツを食べる」というのは
薄毛対策のひとつとしてとてもおすすめの方法なのですが、
いくつか注意点があります。

 

以下の注意点を守って、おやつのナッツをうまく薄毛対策に生かしましょう!

 

〇できるだけ、アルミパウチの個包装タイプのナッツを選ぶ。
それがなければ、なるべく小さなパック・缶タイプのものを選び、数日で食べきる。
ナッツの油分が酸化してしまうと、体に害のある過酸化脂質へと変化する。
「油臭い、嫌なにおいがする」という状態のナッツは、
ほぼ間違いなく酸化しているので食べないようにすること。

 

〇ナッツの油分・塩分に注意する。余分な油分・塩分を摂らずに済む
「素焼き」タイプがおすすめ。手に入るならば、数時間水に浸した生のナッツを
フルーツと一緒にミキサーでスムージーにすると、栄養的にも腹持ちの点からもGOOD!

 

〇食べすぎるとカロリーオーバーになってしまうので注意する。
目安としては、カシューナッツなら10粒、
アーモンド・ピーナッツ・ピスタチオは20〜30粒、マカダミアナッツ・くるみは5〜6粒程度。

 

〇食べごたえを得て、栄養成分をしっかり生かすためにも、よく噛んで食べること。

 

トップへ戻る