アミノ酸系シャンプーのメリット・デメリット

髪と頭皮のどちらにもできるだけ負担のないシャンプーを、
と望む人に人気なのが、アミノ酸系シャンプーです。

 

そのメリットとデメリットを見ていきましょう!

 

アミノ酸系シャンプーのメリット

アミノ酸系シャンプーの最大のメリットは、
「頭皮に対しても髪に対しても、どちらにも低刺激なので安心して使える」ということ。

 

「アミノ酸自体が、人間の体内に存在する成分のひとつ」ということから、
天然由来のアミノ酸系界面活性剤は、頭皮とも髪とも相性がバツグンにいいのです。

 

「少々の頭皮トラブルやアレルギーがある人でも、
アミノ酸系シャンプーなら使える」というケースが多いほどにマイルドなので、安心して使えますよ。

 

ちなみにアミノ酸系の洗浄成分としては、
「ココイルグリシンナトリウム」「ココイルグルタミン酸ナトリウム」
「ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム」「ココアンホ酢酸ナトリウム」などが代表的ですよ。

 

基本的には成分一覧からこれらの成分名を探すのがおすすめですが、
他にもアミノ酸系の洗浄成分はたくさんありますので、
パッケージ等に「アミノ酸系洗浄成分使用」と書かれており、

 

なおかつ「石油系合成界面活性剤不使用」
または「石油由来成分不使用」と書かれているものを選ぶ、という選び方でもOKです。

 

アミノ酸系シャンプーのデメリット

アミノ酸系シャンプーは、頭皮にも髪にもやさしいという大きなメリットを持っていますが、
残念ながら2つのデメリットがあります。

 

まずひとつは「高級アルコール系や石けん系に比べると、洗浄力が弱い」ということ。

 

シャンプーをする際は特に、頭皮の汚れをしっかりと落すことが重要ですが、洗浄力が弱いアミノ酸系シャンプーを使う場合は、より念入りにしっかりと洗う必要がありますので、その分、手間と時間がかかると言えます。

 

また、安価な高級アルコール系シャンプーに比べると、
アミノ酸系シャンプーはかなり高価に思えてしまう、というコスト面のデメリットもあります。

 

ですが、コストだけを重視して頭皮への刺激が強い高級アルコール系シャンプーを使い続けることは、薄毛の予防・改善どころか誘発・悪化につながるリスクのほうが高いので、この点は「コストよりも安全性・低刺激性を重視」ということで選ぶことをおすすめします。