シャンプーをする際の注意点

あなたのシャンプーのやり方は、
きちんと「頭皮のためになる洗い方」になっていますか?

 

今一度、ここでそれをチェックしてみましょう。

 

「とにかく頭皮をすみずみまでしっかり洗う」ことが最優先!

女性のシャンプー時に、よくありがちな間違いとして挙げられるのが
「汚れの大半は髪についているだろうから、髪をしっかり洗おう」というやり方。

 

こんな洗い方では、頭皮はきれいにはなりません。
頭皮は、毛根という種を育てる土壌になるわけですから、
ここを清潔にして、雑菌繁殖をさせないことが大切なのです。

 

ですからシャンプー時には、とにかく「指の腹で、
頭皮をすみずみまでしっかりともみ洗うようにする」というのが正解です。

 

特に、後頭部・耳の後ろ付近などは、皮脂分泌が多い部分でありながら、
意外と頭皮の洗い忘れが出やすい部分でもあるので、意識してしっかりと洗いましょう。

 

「頭皮ばかり洗って、髪の汚れはどうするの?」と思われるかもしれませんが、
シャンプー前に軽くブラッシングして、さらにシャンプー前のすすぎをすれば、
髪の毛の汚れはそれで8割がた落ちます。

 

あとは、まず頭皮をしっかりともみ洗うようにしてから、
泡を髪に行き渡らせるようにやさしく洗う程度でOK。

 

強力なヘアスプレーでも使っていない限り、ほとんどの汚れはこれで落とせます。

 

逆に髪をゴシゴシ洗うと、摩擦刺激によって、
水分を含んでデリケートになっているキューティクルがどんどん傷んでしまいますよ。

 

すすぎ方にも注意が必要!

シャンプーをすすぐ際にも、注意が必要です。

 

その注意点とは・・・
「髪よりも頭皮にシャワーのお湯をあてるようにして、念入りに洗い流す」ということ。

 

シャンプーの成分が頭皮に残っていると、
それが頭皮トラブルの原因にもなりかねませんので、すすぎは非常に重要なのです。

 

そのためには「シャワーヘッドを高い位置に固定して、
上から下に向かってのシャワーをかける」というだけではダメ。

 

シャワーヘッドは手に持ち、頭を下に向けて、
「生え際から頭頂方向に向かうようにシャワーをかける」という形で、
頭皮そのものをしっかりとお湯で流しましょう。

 

頭皮がしっかり洗い流せれば、髪も自然と洗い流せます。

 

また、「これですすぎ終わった」と思った段階から、
もう一押し、最後のすすぎを加える、というのもおすすめ。

 

自分では十分すすいだつもりでも、
意外と「どこかにすすぎ残し・すすぎが足りない部分がある」

 

というケースは少なくないので、
「いつものすすぎより一段階念入りなすすぎ」をすることは、かなり有効なのです。