やっていますか?頭のUV対策!

あなたはUV対策をきちんとやっていますか?

 

「日焼け止めや、UVカット効果のあるファンデーションを使っているから大丈夫!」
と答える人も居るでしょうが、それでは不十分!

 

そうしたUV対策では、髪や頭皮を紫外線から守れません。

 

薄毛対策のためには「頭のUV対策」もしっかりとやる必要がありますよ。

 

 

頭のUV対策が必要な理由

頭のUV対策がなぜ必要かというと、
それはもちろん「強い紫外線は髪や頭皮にも大ダメージを与えてしまうから」です。

 

まず、髪に紫外線が当たるとキューティクルが傷んで切れ毛や枝毛が増えるだけでなく、
頭皮に活性酸素が大発生して、頭皮の老化も進んでしまいます。

 

そして、紫外線の怖さはこれだけではありません。

 

紫外線にはA波とB波がありますが、
そのうちA波は、頭皮や髪の表面だけでなく、
奥深くまで悪影響を与えてしまいます。

 

その紫外線A波による大きな悪影響のひとつとして
「たんぱく質の変性」があります。

 

頭皮や毛根が紫外線A波を大量に受けてしまうと、
頭皮や毛根の組織に変性が起こり、

 

それが発毛・育毛のメカニズムに支障をきたし、
薄毛を誘発・悪化させてしまうことにもつながるんですよ。

 

 

頭のUV対策に使える商品

ではここで、髪と頭皮を紫外線から守るために、
頭のUV対策をするためのおすすめ商品・ベスト3をご紹介しましょう。

 

1位:日傘
2位:帽子
3位:UVカットヘアスプレー

 

1位の日傘は、
「蒸れなどの心配もなく、効率よく空からの紫外線をシャットアウトできる」
というスグレモノ。UVカット加工のものを選びましょう。

 

2位の帽子は、こちらもUVカット加工のものがおすすめ。
頭部をしっかり包んで紫外線から守ってくれますが、
蒸れによる雑菌繁殖が気になる点だけがデメリットです。

 

3位のヘアスプレーは、
「何もUV対策をやらないよりはずっとマシ」というアイテムです。

 

頭皮にスプレー成分がつくと刺激を感じるリスクがあるだけでなく、
「スプレー剤が均一につくわけではないので、
ちゃんとUVカットができていない箇所が出てくる」という欠点もあります。

 

基本的には日傘の使用を最優先で考えて、
自転車に乗る時には帽子、そして日傘も帽子も使えないような
シチュエーションではスプレー、という形で使い分けるといいでしょう。