薄毛隠しパウダーはどんな商品か?

手軽な薄毛対策商品と言えば、
「薄毛隠しパウダー」も人気です。

 

薄毛が目立つ部分に黒い微細なパウダーをふりかけることで、
薄毛を目立たなくさせる、というものです。

 

そのメリットとデメリットを見ていきましょう!

 

薄毛隠しパウダーのメリット

薄毛隠しパウダーの最大のメリットは
「その場でパウダーをふりかければ、
すぐに薄毛はごまかせる」という手軽さです。

 

しかもシャンプーすれば洗い落とせるので、
ウィッグのようにこまめなお手入れをする必要もありません。

 

ですから「手軽さという点ではナンバーワン」と言えるでしょう。

 

薄毛隠しパウダーのデメリット

薄毛隠しパウダーは「その場でササッとパウダーをふりかければ薄毛隠し完了」
という手軽さを持っていますが、このパウダーの取り扱いは、少し注意が必要です。

 

たとえば、手でパウダーをふりかけたところを触ると、
その粉は多少手についてしまいますし、帽子をかぶれば、
その帽子の内側に粉がついてしまうこともあります。

 

また、ふりかける時に衣服に粉がつくリスクがあるだけでなく、
その後も、歩いたり風が吹いたりすると、
多少の粉が落ちて衣服についてしまう、というリスクはつきまといます。

 

さらに、パウダーの粒子はかなり細かいため、衣服についた場合、
繊維の間にパウダーが入りこんでしまい、
払い落としただけではきれいにならないことも少なくありませんよ。

 

手軽なのはいいですが、
「髪や頭皮にパウダーがぴったり密着しているわけではない」
という弱点があることが、こうしたデメリットの原因となるわけです。

 

また、薄毛隠しパウダーはそのほとんどが「黒い粉オンリー」となっているため、
白髪染めをしていない人がこのパウダーを使った場合、
「ふりかけたところだけが不自然に黒い」という状態になってしまう可能性が高い、
という点もデメリットと言えるでしょう。