女性も育毛サプリを飲んで体の中から薄毛対策

育毛剤・ウィッグ・薄毛隠しパウダーなどが
「外側からの薄毛対策商品」であるのに対して、
「内側からの薄毛対策商品」として挙げられるのが、薄毛対策サプリです。

 

薄毛対策サプリを使いたい場合は、どんな点に注意して、
どんなものを選べばいいのでしょうか?ここでそれを知っておきましょう!

 

薄毛対策サプリを使う際の注意点

薄毛対策サプリを使う際に、一番注意しなければいけないことは、
「これひとつに、内側からの薄毛対策をまかせる、などということは考えない」ということです。

 

サプリというのは、あくまで栄養
「補助」食品という位置づけなので、サポート役にすぎません。

 

内側から頭皮や毛根に栄養を与えるための「メインの栄養源」となるのは、
やはり日々の食事です。

 

ですから、薄毛対策サプリを飲むとしても、まずは何より食生活を最重視すること。
日々の食生活の栄養バランスを心がけることを忘れてはいけない、ということです。

 

薄毛対策サプリ、どんな成分のものを選べばいい?

というわけで、薄毛対策サプリは、頭皮や髪への栄養「補助」として使う、
という位置づけを理解した上で使うのであればOK。

 

とは言え、どんな成分のサプリを使えばいいのか分からない、という人も居ますよね。
参考までに、おすすめの成分をご紹介しましょう!

 

〇亜鉛:食べ物から摂取したたんぱく質はアミノ酸に分解されるが、
そのアミノ酸を、体内で髪の原材料として使うたんぱく質に合成するために欠かせないミネラル。
細胞分裂・新陳代謝をサポートする作用もある。

 

〇プラセンタ:ホルモンバランス調整作用を持ち、エストロゲンや成長ホルモンなど、
髪に役立つホルモンを守るのにも役立つ。細胞分裂促進作用や、
血行促進作用もあるので、薄毛対策にはうってつけの成分。

 

〇プエラリア:エストロゲンに似た働きをする成分を高含有しているので、
女性ホルモン分泌力の低下が特に気になる人におすすめ。

 

〇アミノ酸:体内でたんぱく質を合成し、
髪を生み育てるために不可欠な栄養源というだけでなく、アミノ酸の中には、
血行促進に役立つものや快眠に役立つものなどがあり、これも結果的には健康的な髪づくりに役立つ。

 

こうした成分を高濃度で配合し、
添加物なども極力使用を避けている、日本製のサプリを選ぶといいでしょう。