えっ!?喫煙だけじゃなく飲酒も薄毛を招く?

「喫煙によるタバコの害は薄毛を招きやすい」
ということは多くの人が知っていると思いますが、
実は、飲酒も薄毛を招くリスクが意外と高いことをご存知ですか?

 

『酒は百薬の長』なんて言われているくらいだし、
アルコールは血行促進作用もあるんだから、飲酒はむしろ髪にいいのでは?
と思われるかもしれませんが、意外な害があるのです。

 

なぜ、飲酒に薄毛リスクがあるのか?

なぜ、喫煙ではなく飲酒にも薄毛リスクがあるのかというと、
これは、アルコール分解時に問題が発生するからです。

 

以下のようなメカニズムで、薄毛を招くリスクが高まるんですよ。

 

〇肝臓がアルコールを分解する際に、アセトアルデヒドという物質を大量に生成する。
〇このアセトアルデヒドは、肝臓の解毒作用によって最終的には酢酸に変換させられるが、その変換の際に、髪の栄養源として欠かせないビタミンやミネラル・アミノ酸などを消費してしまう。
〇さらに、アセトアルデヒドは、抜け毛を誘発する男性ホルモン・ジヒドロテストテロンの分泌力を増加させてしまう。
〇大量の発汗が起き、頭皮もべたついて不潔になってしまう。
〇大量の発汗は睡眠の質も妨げ、毛乳頭や毛母細胞の活性化・修復に欠かせない成長ホルモンの睡眠中の分泌も妨げてしまう。
〇アルコールには利尿作用があり、体内を水分不足にしてしまいやすい。それが引き金で、血液内の水分が減り、血流が悪くなることもある。

 

・・・いかがでしょうか。
こうして見ると、飲酒には想像以上の薄毛リスクがあることが分かりますよね。

 

サワーやビールを1杯、という程度のごく軽い飲酒なら、
栄養源の消費も少ないですし、嫌な発汗も起きず、快眠を妨げる心配もないのですが、
ひとたび「適量」を超えると、飲酒は害だらけの存在となってしまうのです。

 

どうしても、適量以上を飲まなければいけない機会の時は?

というわけで、できるだけ、飲酒は
適量範囲内で抑えることを心がけることが必要です。

 

それでも、会社の飲み会など、
どうしても飲まなければいけない場合は、以下のようなことを試してみましょう。

 

〇マルチビタミン・ミネラル・アミノ酸サプリを飲む。
〇冷奴など、大豆製品を食べて、抜け毛を防止する女性ホルモン・エストロゲンに似た働きをする大豆イソフラボンを摂取し、少しでもジヒドロテストテロンの害から守ってもらう。
〇水分補給は多めにまた早目に行い、アルコールの利尿作用による水分不足を防ぐ。

 

これらを心がけるだけでも、アルコールによる悪影響の度合いはかなり軽減できますよ。