適度な運動は髪のためにも必要不可欠!

あなたは、毎日ある程度の運動はしていますか?

 

実は運動不足は、薄毛につながるリスク要因のひとつ
「適度な運動をする」というのは、髪のために必要不可欠なのです。

 

その理由と、おすすめの運動をいくつかご紹介しましょう!

 

適度な運動が必要な理由

薄毛予防のために適度な運動が不可欠な最大の理由は「血流」です。
運動をしない生活が続くと、血流が悪くなってしまうのです。

 

「でも、血流がよくなるのって、運動をしている時だけじゃないの?
あとは差がないのでは?」と思われるかもしれませんが、そうではありません。

 

運動不足の人は、一見まったく太っていない人でも、
「実は筋肉量が少なく脂肪が多い隠れ肥満状態」
となっているケースが多いんですよ。

 

こうした状態だと血中脂肪も多くなり、
「ドロドロ血で流れにくい」という状態になってしまうのです。

 

また、たとえ血中脂肪が多くなくても、運動不足で筋力が弱い状態だと
「頭皮の毛細血管まで、血流がスムーズに届かない」というリスクも高くなります。

 

柔軟でしっかりとした筋肉は、
ポンプのように全身の血液を循環させる大きなサポート役となってくれるのですが、
運動不足の状態が続くと、そのパワーも不足してしまうというわけです。

 

 

簡単にできるおすすめ運動

というわけで、適度な運動をすることはとても重要となってくるのですが、
世間でよく言われる「1日20分以上の継続的な有酸素運動がいい」という説は知っていても、
実際のところ、忙しい毎日で連続20分以上の運動時間をとることは難しいですよね。

 

そんなあなたにおすすめなのが、
「1日2回のラジオ体操+通勤や買い物の時間を利用したウォーキング」の組み合わせです。

 

ラジオ体操は、体のあらゆる筋肉を動かせるすぐれた体操で、
女性の場合なんと「1日たった3回のラジオ体操で、
1日の最低運動量を満たせる」と言われています。

 

ただ、毎日3回となると、なかなか大変なのでこれを2回にして、
減らした分はちょっとしたウォーキングで補うーというほうが続けやすいんです。

 

通勤や買い物で歩きはじめる前に、軽くかかとを上げ下ろしすると、
自然と背筋が伸びて、ウォーキングに適した姿勢がとりやすくなります。

 

そして、目的の駅や店に行くまでに「普通の速度・歩幅をやや広めにして
2〜3分→歩行速度を早めて2〜3分」というように、
速度を切り替えた歩行を繰り返して下さい。

 

歩行速度にメリハリをつけることで、
普通にウォーキングをするよりもさらに効率のいい運動効果が得られます。
1日2回のラジオ体操に加えて、このウォーキングを10分程度やればOKですよ。

 

「最寄駅や店が近いので、ウォーキングをする機会がない」という人は、
自宅で壁に向かって30秒〜できれば1分の逆立ちを1日2回やってみましょう。

 

逆立ちは、いつもとは逆の方向に筋肉が引っ張られるため、
短時間でも筋肉刺激効果が非常に高いのです。