産後の薄毛の原因と予防対策

女性にとっての薄毛の悩みのひとつとして挙げられるのが
「産後の薄毛」です。

 

「髪のボリュームは人より多めだったはずなのに、産後にボリュームが大幅ダウンしてしまった」など、それまでまったく薄毛に警戒する必要がなかった状態の人であっても、産後は薄毛になってしまうケースが少なくありません。

 

なぜ、産後は薄毛リスクが高まってしまうのか?何とか予防対策はできないのか?
その点についてご説明しましょう。

 

産後に薄毛リスクが高まる原因

産後に薄毛リスクが高まってしまう最大の理由は
「女性ホルモン量の変化」にあります。

 

妊娠期間中は、母体と胎児の環境を守るために女性ホルモンが大量に分泌されるのですが、女性ホルモンのエストロゲンは「髪の成長期を長く維持することで、髪の寿命を伸ばす」という作用も持っています。

 

ですが、その女性ホルモンは胎盤にたっぷりと溜められている状態。
出産の際に胎盤が体外に排出されると、一気に女性ホルモンが減ることになるのです。

 

そうなると、今まで大量のエストロゲンに寿命を伸ばしてもらっていた髪が、
一気に寿命を迎えて、大量の自然脱毛が始まり、薄毛となってしまうのです。

 

また、産後は育児の大変さなどで、疲労やストレスが溜まりやすく、
これもまた脱毛を促進してしまう要因となってしまいます。

 

産後の薄毛リスクを予防するには?

「出産時に胎盤が排出される」という事実がある以上、
出産後に女性ホルモン量が大幅に減ってしまう、という事態は避けられません。

 

かといって、妊娠中〜授乳期にホルモン系のサプリを飲むというのは、
母乳を通じて赤ちゃんに影響を与えてしまうリスクがあるので絶対におすすめできません。

 

ではどうすればいいのかというと・・・
「女性ホルモン以外の部分でケアをする」ということが必要になってきます。

 

産後の疲労やストレスをなるべく少なくするために、たまには赤ちゃんをご主人や親、
あるいは一時保育に数時間預けるなどして、自分だけの時間をとるようにしましょう。

 

それができない場合でも、赤ちゃんが寝ている間にティータイムを楽しむ、気分転換の体操をする、などという形のちょっとしたリフレッシュを取り入れるだけでも違ってきますよ。

 

外側からの育毛ケアも重要

その上で、外側からできる最大限のケアとして、
「血行促進作用などにすぐれた女性用育毛剤で、頭皮と毛根に元気を与える」
というのも非常におすすめです。

 

女性ホルモンのサポートが激減する分、血行促進などで少しでも頭皮と毛根の力を維持するようにカバーする、というわけですね。
できれば産後から使い始めるのではなく、妊娠中から使用し、頭皮と毛根の環境をより良い状態に整えておくのがおすすめです。

 

ただし、女性用育毛剤ならなんでもOK、というわけではありません。
「妊娠中・授乳中の方の使用は医師にご相談下さい」などという注意書きがあるものは、
何らかのリスクがある成分が含まれている可能性大なので避けましょう。

 

妊娠中や授乳中でも使える安全性の高いものを選ぶことが大切です。

 

ちなみにこのサイトでご紹介している3つの女性用育毛剤は、
いずれも妊娠中・授乳中でも使用OKの安全品質となっていますので、
この中から選んでいただければ、安心して使えますよ!