育毛剤選びのポイントは?

女性の薄毛対策のための育毛剤選びのポイントとして、
まず「女性用育毛剤を選ぶ」ということは必須ですが、
女性用育毛剤と言っても、いろいろありますよね。

 

どんな点に注目して選べばいいのでしょうか?
そのポイントをご説明します!

 

「おさえておくべき3要素」を満たしたものを選ぼう!

育毛剤が本当に薄毛対策に効果を出すために、
必要不可欠な3要素があります。

 

それは、

 

血行促進作用
抗炎症作用
抗菌作用

 

の3つです。

 

血行促進作用は、頭皮と毛根に、血液からしっかりと酸素・栄養を与えるために特に必要な作用。

 

頭皮と毛根に栄養・酸素がきちんと行き渡らなければ、薄毛が改善することはあり得ませんから、
この作用が期待できる成分を含んでいない育毛剤は、選ぶべきではありません。

 

次に、抗炎症作用と抗菌作用。
これは、頭皮のコンディションを整えるのに役立ちます。

 

頭皮は、毛根という種から、髪とい茎を伸ばすために必要な土壌の役割を果たすので、
抗炎症・抗菌作用によって、炎症や雑菌繁殖による害を抑えることも、とても大切なのです。

 

成分の安全性も重視しよう!

育毛剤というのは、長く使い続けるものですから、
成分の安全性も重視する必要があります。

 

まずチェックしておきたいのが、
「ミネラルオイル(流動パラフィン)が使われていないか」ということ。

 

ミネラルオイルは石油から作った成分で、浸透性が高く、
しかも「洗っても落ちにくい」という特性を持っています。

 

つまり、ミネラルオイル使用の育毛剤は
「石油成分が頭皮や毛根の奥まで届く可能性があり、しかも洗っても落ちにくいので長く残ってしまう」
というリスクが高いわけなんですよ。

 

これを避けることは、最低限の条件と言えるでしょう。

 

また「妊娠中・授乳中でも使用できる」
というだけの安全性を持っているかどうか、もチェックしておきましょう。

 

 

いろんな成分の詳しいことは分からなくても
「母体と胎児への安全性を最大限に考慮しなければいけない
妊娠中・授乳中もOKであれば、かなりハイレベルな安全性であることは間違いない」

 

ということになりますので、安全性に対する簡単な判断基準になります。

 

もちろん、このサイトでご紹介している育毛剤3商品はいずれも、
「血行促進作用・抗炎症作用・抗菌作用が期待できる成分が配合され、
なおかつ、ミネラルオイル不使用で妊娠中・授乳中の使用もOK」

 

という形で、すべての条件をクリアしています。