育毛剤は女性用を使おう!

「外側からの薄毛対策」として、
頼もしい存在のひとつとなってくれるのが、育毛剤です。

 

さて、そんな育毛剤を大別すると
男性用」「女性用」「男女兼用」の3種類に分かれますよね。

 

「その中から選ぶなら、女性用または男女兼用よね!」と思われるでしょうが、
実は男女兼用タイプも、あまりおすすめできません。

 

女性の薄毛対策のために使う育毛剤は、絶対に女性用タイプを使うべきです!

 

男女兼用タイプがおすすめできない理由

男女兼用タイプの育毛剤が、なぜおすすめできないのかというと・・・
「効果がさほど期待できない可能性が高い」からなのです。

 

そもそも、男性と女性では薄毛の原因が異なり、薄毛のタイプそのものも違います。

 

男性の場合、男性ホルモンや皮脂の過剰分泌などの問題が主原因で、
薄毛のタイプも「額がM字になるか、頭頂部が薄くなるか」のどちらかとなることがほとんどです。

 

一方女性の薄毛は原因がかなり複合的で、なおかつ「特定の箇所だけが集中して薄くなるのではなく、
髪全体のボリュームがなくなる」というタイプの薄毛となり、男性とは大きな違いがあるのです。

 

男女でこれほど大きな違いがあるのに、
その両方にとって安心安全・低刺激な育毛剤を作ろうとすると、
「それぞれの性別にとっての有効成分が、思いきった量で配合できない」という状況になりやすいんですよ。

 

つまり男女兼用タイプの育毛剤は、「どちらの性別に対しても、ある程度の働きかけをする成分は入れられるものの、個々の性別に対するスペシャリストにはなれない、いわゆる器用貧乏タイプの育毛剤である」ということですね。

 

やはり、女性の薄毛のメカニズムを分析した上で、その対策に適した成分を集中的に配合している女性用育毛剤を選んだほうが、スペシャリストとしての高い効果を得られる可能性が高いのです。

 

もちろんこのサイトでご紹介している育毛剤はすべて、
女性専用または女性向けとなっていますので、
女性にとって嬉しい作用がしっかり期待できますよ!

 

男性用を使うのはもちろんNG!

というわけで、男女兼用タイプの育毛剤は、積極的におすすめはできません。
そして当然のことながら、男性用育毛剤を女性が使うのは絶対にNG!

 

まあ、女性用ほどの効果は期待できないだろうけど、
男性用でも一応育毛成分は入ってるんだから、無いよりはマシなのでは?
と思われるかもしれませんが、

 

男性用の育毛剤は
「女性に比べて、皮脂が多くなりがちな男性の頭皮にスッキリ感を演出する」というものが多いのです。

 

そのスッキリ成分が、女性の頭皮には刺激が強すぎて、
頭皮の乾燥やかゆみ・炎症などといったトラブルの引き金になってしまうこともあります。

 

こうなると、「使わないほうがマシだった」という逆効果になってしまいますから、
男性用育毛剤の使用は避けましょう。