30代以降は、抜け毛・薄毛の警戒年代!

女性が抜け毛・薄毛を警戒しなければいけない年代って、
どのくらいだと思いますか?

 

「うーん、多くの女性の薄毛が目立ってくる時期」
って考えると、50〜70代くらい?

 

と思われるかもしれませんが、実はそれではちょっと遅いんですよね。

 

なんと、女性は「30代以降の年代は、
抜け毛・薄毛を警戒したほうがいい」という状態なのです。
その理由についてお話ししましょう。

 

ホルモン分泌の減少

30代以降になると抜け毛・薄毛を警戒する必要がある、
その最大の理由となるのが、「ホルモン分泌の減少」です。

 

数あるホルモンの中でも、特に髪に重要な役割を果たすのが
、女性ホルモンの「エストロゲン」と「成長ホルモン」

 

女性ホルモンのエストロゲンは、髪の成長期を長く維持させるためにも欠かせないホルモンで、男性に比べると女性の抜け毛・薄毛が目立ちにくいのは、このエストロゲンの恩恵が大きいと言えます。

 

しかし、そのエストロゲンの分泌量は、
20代後半がピークで、そこからは下降の一途をたどっていきます。

 

そして、もうひとつの重要ホルモンである成長ホルモンは、毛乳頭・毛母細胞の細胞分裂活性化や修復などに不可欠な存在ですが、その分泌量は20歳前後がピーク。

 

30歳になる頃にはその分泌量が半分くらいになり、
その後も加齢とともに分泌量は低下の一途をたどります。

 

つまり、女性も30代以降になると、髪を守ってくれる2つの重要ホルモンがかなり不足気味になってくるので、抜け毛・薄毛予防のためには、その分のカバーを考えなければいけなくなってくる、というわけです。

 

無理なダイエットの影響

30代以降に抜け毛・薄毛を警戒すべきもうひとつの理由としては、

 

「20代に、食事制限などの無理なダイエットをしていた場合、30代ごろになってその悪影響が出てくるケースが多い」というのも挙げられます。

 

食事制限のダイエットというのはどうしても栄養不足状態になるので、
これが毛乳頭や毛母細胞がある毛根にも悪影響を与えてしまうんですよ。

 

というのも、栄養不足になった場合、脳は、まず命を最優先するために、「限られた栄養源は、内臓などの重要器官に集中して送り届ける」という指令を出すため、毛根に回す栄養は後回しになってしまうのです。

 

これが、毛乳頭や毛母細胞を大きく弱らせることにつながってしまいます。

 

毛乳頭や毛母細胞が弱り切ってしまうと、2〜6年の髪の成長期が終わり、退行期・休止期を迎えて自然脱毛したあとも、毛乳頭や毛母細胞が新しい髪を産み出す力がなかなか戻らない。

 

という可能性があり、これが薄毛を招くわけです。